【地域いきいき共生!恩地環境みどり会(浜松市南区恩地町)】小学生と幼稚園児がジャガイモの収穫とサツマイモの苗を植えました

美しく品格のある邑「地域いきいき共生!恩地町環境みどり会」(平成24年度登録)で農地保全や環境保全活動を行っている「恩地町環境みどり会(浜松市南区恩地町)」が、6月2日(月)に子供たちによる農業体験を開催しました。本地区では、遊休農地を解消し、その農地を利用して5年前から子供たちを対象とした農業体験を行っています。今回は、芳川北小学校の児童約100名がジャガイモの収穫とサツマイモの苗の植付を行いました。今年は豊作で、児童たちは持ちきれないほどのたくさんのジャガイモを楽しそうに収穫していました。サツマイモの苗については、ツルのさし方を地域の方から教わって一本一本丁寧に植えていきました。また、今年から体験を始めたずだじ幼稚園の園児約100名もサツマイモの苗の植付を行いました。慣れない手つきでしたが、早く大きくなるようにとの願いを込めて、苗にかけた土を優しくたたいていました。どちらも体験後には、地域の方が用意してくれたジャガイモをおやつにいただきました。10月には今回植えたサツマイモの収穫を行います。

「地域いきいき共生!恩地町環境みどり会」のページはこちら⇒http://www.fujinokuni-mura.net/ikiikikkyousei/

6 1

なれた手つきです

24

小学生、園児がイモを洗うほどの人数で所狭しと張り切って収穫していました

5

旬なジャガイモおいしくいただきました


カテゴリー: ホットニュース パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100