【清沢(静岡市葵区相俣)】「一社一村しずおか運動」取組企業や棚田里地くらぶ会員が田植えを行いました

美しく品格のある邑「清沢」(平成24年度登録、平成25年度知事顕彰)では「一社一村しずおか運動」に取り組んでいる、NPOフロンティア清沢 と 靜甲㈱ が6月14日(土)に葵区下相俣の棚田で田植えを行いました。この日は、企業から約30名、一般の体験者が約20名、更にしずおか棚田・里地くらぶの会員の総勢約60名が、地元の農業者の指導を受けながら、田起こしから田植えの一連の流れを実施しました。子供連れも多く、泥まみれになりながら、田植えを楽しみました。稲は多少植える深さが浅くても、水を張ってあれば一週間程度で根を張るとのことで、先週、清沢小の児童が植えた稲は、順調に成長していました。次回は、7/26(土)に田んぼの草刈りを行う予定です。

「清沢」のページはこちら→http://www.fujinokuni-mura.net/kiyosawa/

 一社一村しずおか運動とは...

農山村と企業がパートナーシップを組み、それぞれの持つ資源、人材、ネットワークを活かした、双方メリットのある協働活動を目指す取り組みのことです。清沢地区では、年に10回程度活動を行っています。

「一社一村しずおか運動」ページはこちら→http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-630/issyaisson/

無題1 無題3


カテゴリー: ホットニュース パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100