森町南部(周智郡森町)

森町南部の夕焼けに染まるレタス畑
地域名・施設名:
森町南部(もりまちなんぶ)
所在地:
周智郡森町
おすすめ:
・水稲+レタス+スイートコーンの 年3作「水田3倍活用農法」を確立・四季折々の農村景観は絶景・若い就農者の増加・街道沿いの農産物直売所
駐車場:
アクセス:
【車】東名高速袋井ICより約15分、磐田ICより約20分
新東名高速森掛川ICより約5分
【電車】天竜浜名湖鉄道円田駅

冬レタスの一大産地、森町

森町の冬レタスは品質で全国1位の折り紙つき

四季折々に表情を変える農村景観

森町南部地域の水田地帯は昭和40年代より、かんがいやほ場整備などの基盤整備が行われた、生産性の高い優良農地です。昭和44年にレタスの指定産地となり以降、スイートコーンが導入され、水稲+レタス+スイートコーンの年3作「水田3倍活用農法」を確立し、年間を通じて休むことなく農業生産活動が行われ、就農する若者が増加しています。四季折々に表情が変わる農村景観は絶景を見せてくれます。


森のスイートコーン

行列のできる美味しいスイートコーン

スイートコーンは県外からも大人気

初夏を迎えると当地域の街道沿いにスイートコーンの直売所が立ち並び、早朝から購買客の行列ができます。週末には、評判を聞きつけた県内外各地からのお客さんがやってきます。また、新東名高速道路「遠州森町PA」にて、当地域の特産物を販売しています。地産地消はもちろん、県外にも森町の農産物の美味しさを広めています。


皇室献上の森町の治郎柿

甘柿の王様、遠州森町原産の治郎柿

遠州森町原産の治郎柿

遠州森町は治郎柿の原産地で、江戸時代末期に百姓「治郎(松本)」が太田川の川原で見つけた柿の木を自宅に植えたのが始まりで、その原木は現在も残っています。静岡県の天然記念物に指定されています。毎年秋に皇室に献上している森町の治郎柿は、甘柿の王様として知られています。

ガイドブック 平成24・25年度登録邑(電子ブック・PDF)

ガイドブック 平成24・25年度登録邑Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:58.19MB

※ Flashの閲覧には、Adobe Flash Player が必要です。
※ PDFの閲覧にはAdobeReaderが必要です。



カテゴリー: 邑紹介(全件), 食べる タグ: パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100