韮山金谷(伊豆の国市)

韮山金谷 詳細ページへ
地域名・施設名:
韮山金谷(にらやまかなや)
おすすめ:
・米、韮山竹灯籠まつり、江川邸、韮山反射炉、城池親水公園、蛭ケ小島
アクセス:
■公共交通機関を御利用の場合
JR三島駅-(伊豆箱根鉄道 修善寺駅行き)-伊豆箱根鉄道韮山駅 徒歩20分
■お車を御利用の場合
東名高速 沼津ICより 約30分
新東名高速 長泉沼津ICより 約30分

幻想的な灯りが揺らめきます

幻想的な灯りが揺らめきます

歴史遺産を残す農村環境

世界文化遺産富士山を望む水田地帯の金谷地区は昔ながらの里山の風景が見られ、地域の人々と多くのボランティアにより景観保全に取り組んでいます。神奈川県内で竹林整備等の活動を行うNPO法人「日本の竹ファンクラブ」と、地元団体である韮山金谷の里夢くらぶが協働活動を開始し、主に放置竹林の伐採・整備活動を行います。
間伐する際に発生した竹材を活用して竹灯籠を製作、約4000本の灯籠で江川邸内の竹林、中庭や池をライトアップする韮山竹灯籠まつりを毎年開催。イベントでは、尺八、オカリナ、ハーモニカのコンサートや合唱、竹のオブジェの展示、竹製品やカッポ酒(竹徳利の熱燗)等の販売などが行われ、来場者に竹の素晴らしさと竹林の保護をPRしています。
竹林ボランティアも随時募集中ですので関心のある方はお気軽にご参加ください。


時代劇の撮影にも使われる江川邸

時代劇の撮影にも使われる江川邸

悠久の時と歴史ロマンを感じさせる史跡

邑が誇る国の重要文化財である江川邸は、平成25年9月に世界遺産国内推薦資産に決定した韮山反射炉を造った江川坦庵の住居として、江戸の佇まいを残しています。
江川邸に近接する、ため池「城池」を囲む城池親水公園は、野鳥や魚類の宝庫となっており、地域住民の憩いの場となっています。
さらに、平清盛の継母池禅尼の命乞いによって一命をとりとめ、韮山へ流罪になった源頼朝が、14歳から34歳の旗揚げまでを過ごした蛭ケ小島など、数々の史跡を訪れることができます。


韮山反射炉

韮山反射炉

韮山反射炉

韮山反射炉は、代官江川坦庵が手がけ、後を継いだその子英敏により完成しました。反射炉とは、金属を溶かし大砲を鋳造する炉であり、現存する唯一の稼働した反射炉として、平成25年9月20日に世界遺産国内推薦資産に決定しました。

ガイドブック 平成24・25年度登録邑(電子ブック・PDF)

ガイドブック 平成24・25年度登録邑Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:58.19MB

季刊誌「むらのおと」 vol.3(電子ブック・PDF)

季刊誌「むらのおと」 vol.3Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:9.18MB

※ Flashの閲覧には、Adobe Flash Player が必要です。
※ PDFの閲覧にはAdobeReaderが必要です。



カテゴリー: 見る, 邑紹介(全件) タグ: パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100