千框(せんがまち)の棚田(菊川市)

せんがまちのあぜ道アート
地域名・施設名:
千框(せんがまち)の棚田(せんがまちのたなだ)
所在地:
静岡県菊川市倉沢1121-1
おすすめ:
貴重な動植物が現存する自然豊かな棚田。四季折々に違う表情を見せる棚田のある風景。6月の蝋燭の火が織り成す「あぜ道アート」の幻想空間。 イベント時に棚田米や古代米を使った五平餅やたい焼きなどの販売。保全活動時における、菊川茶の展示販売による茶業振興。
URL:
http://www.tanada1504.net/
ブログURL:
http://www.tanada1504.net/sengamachi/
駐車場:
有(上倉沢公会堂の道を挟んだ向側に数十台、せんがまちの棚田を見下ろす道沿いに5台程度)
アクセス:
【車】東名高速相良牧之原I.C→国道473号バイパス島田・空港方面→倉沢I.C→上倉沢公会堂(相良牧之原I.Cから約10分)

せんがまち棚田オーナー、しず大棚けん、NPOの皆さん

楽しみながら棚田を守っています

「千框(せんがまち)」って?

かつては3000枚もの小さな田んぼがモザイク模様で広がっていた上倉沢地区。千枚の田んぼという意味で「千框(せんがまち)」と呼ばれています。昭和50年代にその数が激減しましたが、かつてのような美しい姿を思い描きながら、地元NPO、学校、棚田オーナー、大学生、企業などが協力して複田、保全活動を行っています。農作業を通して世代・所属を超えた、和やかな交流が生まれています。ムシやカエルが触れなかった子供たちも、いつの間にか生き物と仲良しになっています。中には大人顔負けの生き物博士になっているお子さんも。
先人達が残してくれた、せんがまちの宝を一緒に守っていきませんか。詳しくは棚田いこうよ.netをご覧下さい。


せんがまちの水車

水車横の東屋でお弁当を広げるのもおすすめです

棚田風景あれこれ

田植えの後の水鏡、真夏は鮮やかな緑、稲穂が頭を垂れる頃には金色と、棚田は四季折々に様々な表情を見せてくれます。水の流れる音、キジの鳴き声、カエルの合唱、風が稲穂を揺らす音。耳でも楽しめます。6月には「棚田であぜ道アート」が開催され、棚田を舞う蛍と、揺れる蝋燭の光の共演が幻想的な雰囲気です。農作業の合間に空を見上げると、静岡空港を発着する飛行機が見られることも。JR東海道線菊川-金谷間は電車の車窓から棚田が見える珍しい区間です。電車をご利用の場合は、その瞬間をお見逃し無く!


絶滅危惧種ニホンアカガエル

棚田に暮らす僕等をみんなで見守ってね

生き物にも温かいせんがまちの邑人

せんがまちでは「冬水(ふゆみず)田んぼ」と言って、田んぼを起こす前に水を張ります。土が乾き、田にヒビが入って水が漏らないようにする効果と、生き物の「ゆりかご」の役目があります。
冬に水中に産卵する静岡県の絶滅危惧種ニホンアカガエル。せんがまちの棚田は、その貴重な生息地です。その小さな命を育むため、作業とは関係なく早い時期に水を入れたり、水路にカワニナの餌となるメロンの皮を何気なく1枚入れてあったりと、地元の人々の生き物に対する心の温かさが伝わってくるエピソードもあります。
生き物たちの環境を良くする事が、人間にとっても大切なこと。豊かで多様な生態系をめざし、静岡大学棚田研究会も協力してビオトープを製作しています。

ガイドブック 平成24・25年度登録邑(電子ブック・PDF)

ガイドブック 平成24・25年度登録邑Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:58.19MB

※ Flashの閲覧には、Adobe Flash Player が必要です。
※ PDFの閲覧にはAdobeReaderが必要です。



カテゴリー: 出会う, 邑紹介(全件) タグ: パーマリンク

Warning: file(http://graph.facebook.com/http://www.fujinokuni-mura.net/sengamati/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /usr/home/chz2026svf/html/wp/wp-content/themes/fujinokuni-mura.net/functions.php on line 547

Warning: file(http://graph.facebook.com/http://www.fujinokuni-mura.net/sengamati/): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /usr/home/chz2026svf/html/wp/wp-content/themes/fujinokuni-mura.net/functions.php on line 547

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100