菅山原(牧之原市)

富士山を望む菅山原の大茶園
地域名・施設名:
菅山原(すげやまはら)
所在地:
牧之原市菅ケ谷2237(菅山原公民館)
おすすめ:
・見渡す限りの大茶園・用水整備事業の農業用貯水池(ファームポンド)・活動を通じて地域内の環境美化の意識が少しずつ高まり、多くの花壇の整備や管理
駐車場:
有(菅山原公民館前)
アクセス:
【車】東名高速相良牧之原IC→約15
新東名高速道路島田金谷IC→約40分
【電車・バス】JR金谷駅(自主運行バス相良行)→西中バス停(徒歩10分)
備考欄:
・トイレは、車で3分程の油田の里公園などにございます。
・↓Youtubeで菅山原の魅力を紹介中!
菅山原

茶畑にスプリンクラーでの散水

茶畑に小さな虹がかかることもあります

見渡す限りの大茶園から望む富士山

明治時代に開拓された牧之原台地の菅山原。
現在では大井川から100m以上の高さをくみ上げた水を使い、大切に育てられた美しい緑の大茶園が広がっています。のんびり歩いて散策しながら、茶畑越しに富士山や伊豆半島、海を望む場所を見つけることもできます。菅山原の茶畑を育む水は、高低差100mの高さを大井川から汲み上げて、用水機場から各畑に行き渡るように整備されています。茶畑を潤すために3月から4月頃、スプリンクラーで散水しますので、天気の良い日は茶畑にかかる小さな虹を見つけることができるかも知れません。
この茶所静岡らしい景観を残すために、協力し合い、地域一丸となって、茶畑の保存に力を入れています。皆さんが急須に入れて飲んだいっぱいのお茶も、この風景を守る力になります。


菅山原のブランド茶「望」

美味しい菅山原の深蒸し茶

伝統のお茶

菅山原地域では、美味しいお茶を作るために、年間を通して水や温度、土の管理などを丁寧に行い、大切に育てています。4月から5月に一番茶の収穫をします。JAハイナン独自の基準をクリアした茶葉は、静岡食セレクション認定を受けているブランド茶「望」として販売されています。散策をしていると、小さな農産物の無人販売所やお茶の直売をしているところもあります。

牧之原茶「望」のホームページはこちらです。


菅山原環境美化活動

住まう人も訪れる人も綺麗な花で癒されます

環境美化活動にも力を入れています

国道473号バイパス菅山インターチェンジから県道242号線に向かい、油田の里公園入口を過ぎた先の右手にきれいな花壇があります。季節の花がここを訪れる人、住まう人の目を楽しませてくれます。茶農家以外の人も協力し、ゴミ拾いなどの活動を行っています。農業用貯水池の清掃、花壇の管理など、地域全体で環境美化活動に力を入れています。次代を担う子供達にも、学習を通して水源のない台地の菅山原での水の大切さなどを伝えています。

ガイドブック 平成24・25年度登録邑(電子ブック・PDF)

ガイドブック 平成24・25年度登録邑Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:58.19MB

季刊誌「むらのおと」 vol.1(電子ブック・PDF)

季刊誌「むらのおと」 vol.1Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:9.35MB

季刊誌「むらのおと」 vol.5(電子ブック・PDF)

季刊誌「むらのおと」 vol.5Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:12.5MB

※ Flashの閲覧には、Adobe Flash Player が必要です。
※ PDFの閲覧にはAdobeReaderが必要です。



カテゴリー: 邑紹介(全件), 食べる タグ: パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100