吉田たんぼ(榛原郡吉田町)

連合奨励賞 平成28年度 連合奨励賞受賞
地域名・施設名:
吉田たんぼ(よしだたんぼ)
所在地:
榛原郡吉田町片岡2153 (JAハイナン吉田営農経済センター)
おすすめ:
町文化財指定「条里制遺跡」/レタスメンチカツ、太巻寿司、吉田まき/小山城まつり
アクセス:
【車】東名高速吉田ICより国道150号線経由(約10分)
新東名高速島田金谷IC(約45分)
【電車・バス】・JR静岡駅→静鉄バス特急静岡相良線→吉田町役場バス停下車
・JR藤枝駅→静鉄バス藤枝相良線→吉田町役場バス停下車

50年の歴史ある吉田のレタス栽培収穫

シャキシャキで美味しい吉田町のレタス

展望台小山城から絶景を望めます

奈良・平安時代に条里制が行なわれ、町指定文化財「条里制遺跡」と指定された吉田田んぼ。条里制は土地を正確に区分するために行われた制度で、縦を条、横を里として、これに番号をつけて区分されていました。
その吉田田んぼの北側に展望台として築城された「展望台小山城」。吉田田んぼはもちろん、富士山や大井川が見渡せます。
吉田田んぼのレタス畑から眺める富士山も絶景ですが、展望台小山城から眺める吉田田んぼも是非御覧ください。


シャキシャキのレタス

シャキシャキのレタス

歴史あるレタス栽培

昭和30年、米の裏作である麦に代わる葉菜類の栽培が役場、農協の協力を得て中部農業改良普及事務所が始めました。
その中で一番良く育ったレタスは日本に中流していたアメリカ軍の人々の目に留まり、よく売れるようになりました。温暖な気候と1級河川大井川の伏流水により育てられたシャキシャキとしたレタスは、東京市場でも人気を得ている作物です。


レタスメンチカツ・太巻寿司

レタスメンチカツ・太巻寿司

レタスメンチカツや吉田まきを是非御賞味ください!

温暖な気候と大井川の伏流水により作られたしゃきしゃきのレタスを使った「レタスメンチカツ」とこのレタスメンチカツをご飯と海苔で巻いた「太巻寿司」は、毎週水・日曜日に朝市と毎年11月3日開催の町産業イベント「小山城まつり」において、JAハイナン女性部なでしこ会により販売されていて、人気商品です。
その他、吉田町商工会青年部により開発された吉田町の特産品(うなぎ、シラス、レタス)の食材を使用した「吉田まき」があり、町内各飲食店でオリジナルの「吉田まき」を楽しむことができます。是非御賞味ください。

ガイドブック 平成24・25年度登録邑(電子ブック・PDF)

ガイドブック 平成24・25年度登録邑Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:58.19MB

季刊誌「むらのおと」 vol.4(電子ブック・PDF)

季刊誌「むらのおと」 vol.4Flash版 パソコン用HTML5版 PC・スマホ・タブレット用PDF版

PDF:22.8MB

※ Flashの閲覧には、Adobe Flash Player が必要です。
※ PDFの閲覧にはAdobeReaderが必要です。



カテゴリー: 邑紹介(全件), 食べる タグ: パーマリンク

ガイドブック ふじのくに美しく品格のある邑100